FC2ブログ

ButterflyLife

チョウチョウウオ飼育日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

謹賀新年

皆さん、明けましておめでとうございます!

そして長く更新が滞り申し訳ありません!

忙しくて更新が.....

水槽は大分変化してしまいまして、メンバーもかなり変わってしましました。



まず、タテキン、ハリセンボン、タルマコを酸欠で去年末に失くしてしましました。
ポンプの回し忘れとエアチューブが折れてました。
長く飼ったメンバーを人為的ミスで落とすのは反省してもしきれないです。

その後、いきなり白点祭り....
もう目も当てられません(>人<;)みんなごめんよ...
魚の入れすぎ、トリートメント不足、観察どれをとってもまだまだですね。
自分が正しいと思う方法や飼育の考えを色々書きましたが、自分の飼育を見つめ直し、
再出発しようと思います。偉そうに書いているように見えていたら申し訳ないです。

見つめ直すこと
①濾過
②飼育数
③治療

①濾過についてはドライボールからフルウェットに変更しました。色々やってみたかったので本水槽で
ドライボール使用してましたが、ウェットの方が安定はいいですね。設備やスペースが確保できて容量の確保ができれば
調子はいいのかもしれませんが、単純に飼育するにはやっぱりウェットがいいですね。
要請して導入しました。

IMG_1252.jpg

IMG_1352.jpg

②飼育数
仕切り直して少数で面倒を見やすく、安定させていこうかと思います。
本水槽は生き残った、ニシキヤッコ、オウギを新規導入。
じっくりいきます。濾過も完全に安定していないので水換えもかなりするようにしてます。
できるなら週一で8割くらい?
魚飼育は水換えは多い方が調子いいです。もちろん小慣れた水ってあるのですが。



浮き餌まで食べて結構調子いいです。
餌は飲み込んでいるのがわかる、腹が膨れているのがわかる、がポイントかと思います。
生アサリはつつくのですけど固そうで、食べてるのかな?って感じでしたので、
イカ、アサリ、ホタテ、魚馳走様をペースト状にして凍らせたものをアサリの殻に塗って与えてます。
常に食ってますわ。あと給餌はなるべく量というより空腹時間が出ないようにする方がいい気がします。


③治療
白点キラー
白点爆裂時、中毒症状を経験しました.....
あまり多用するのも考えものですね。
体感ですけど添加日数は2.5日が限度かな?あとろ材への蓄積もあるようで水換えも
注意が必要ですね。

GFG
規定量の濃度半分で、毎日半換水、GFG追加のパターンが餌付けに病気にもトリートメントには
有効ですね。

水換えに勝る飼育方はないですけどね。


ざっと書きましたが気を取り直していきたいと思います!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
チョウチョウウオ | コメント:4 |

突然死

こんばんは
kakureです。

またまた一ヶ月空いてしまいました、申し訳ない...
やっと最近は休めるようになったので書いていきます。

今回は突然死のお話
ちょっとグロありますんで注意です。


先月からアミメに餌付いたばかりのコラーレが落ちました;;
二匹とも痩せや外傷はなし、拒食もなし。調子悪い?と感じた翌日には
昇天されてします...

IMG_1185.jpg

IMG_1184.jpg

ただエラが真っ白でした、病気や虫も疑いましたがかなり確率低い。


そしてコラーレの死因が知りたく健康な個体のエラを確かめたくてコラーレ
リベンジしてしましました。
結果はエラは真っ赤。うん。当たり前だ。

そしてふと購入した海水の比重を計った、、、、ん?あのショップ真水でストック
してるのか??......

......................................
......................................
......................................

うちの比重計狂ってましたわ;;
1.036超えでしたわ。
いやー愛魚の視線が痛かったですわ。アラビアン以外は。
ホムセンに比重計買いに走りました。

浸透圧調整エラーですね、

昨日始めたばかりの素人でもしないミス。
魚たちの申し訳ないですわ。

日頃から比重、餌、温度当たり前のメンテナンスには気を抜かないことが大切ですね。

本日の水槽

IMG_400.jpg
IMG_1206.jpg
IMG_1217.jpg

新たにフレンブリー、大きめのコラーレ、フレームエンゼルを迎え
まだまだ迎えたい子はつきませんね。


チョウチョウウオ | コメント:4 |

チェルモン

こんにちは。

前回の記事違いわかりました?
下の画像は寄生虫いますよね。顕微鏡ないんで確かめたことないですが崩壊したことならありますんで。
基本的には生アサリを与える時は開いて水道水でもみ洗いしてから与えましょう。
冷凍は今の所問題ないです。


さて今日はチェルモン、ハシナガチョウチョウウオについて書きましょう。
どうにも大好き、色といい、フォルムといい最高だ。
あ、あと私ベテランではないので参考までに読んでくださいね。

IMG_1088.jpg

入手は容易ですよね。
飼育は...はい。かなり難しいと思います。難しいというのは長期飼育です。
どうにもデリケート。混泳は不可に近いです。
水玉ハゼに負ける。

逆に混泳させてる方ほんとすごいっス、尊敬する。

購入は目がよく動き、岩の隙間をのぞくような子を選びましょう。
口の形状と行動が一致してる子。
速く泳ぐのが目的の体ではないでしょう。


上の画像の子で今一年飼育。
最近までカリビアンと混泳させてましたが拒食になりました。アサリ食わなくなった。
拒食の原因は複合的だと思います、分析はまた次回。
今は単独飼育。
ホワイトシュリプに魚馳走様で復活してきましたがまだ本調子ではないです。
上の画像汚くて申し訳ないのですが背肉が少し落ちておでこが見えてます。
チェルは背肉にはかなり気を使いましょう。日によって背肉が変わる、すごいモンだ。
同系統のタルマコと飼育は少し変わります。

餌は基本、アサリ、ホワイトシュリンプ、ハンバーグ、慣れれば大体食います。
人工飼料は餌付けしてないです。まあ餌付ければ食うでしょう。
うちは人口飼料への餌付けの拘りはないです、というかサボってますね。すいません。
栄養面はかなりいいんでしょうね、長期的にもあまり問題起きてないですから。
人工飼料に拘らない理由はまた次回。

給餌回数は多ければ多いほどいいです。
アサリを腹が膨れるほど食べる子なら1日一回でも保ちます。
懐くと手からハンバーグ食う。かわいい。

飼育スペースは広すぎない方が飼いやすいです。うちは30センチ。
運動量多いと痩せます。
水流弱めがオススメ。

IMG_1091.jpg

病気には強いです、白点にもほぼならないです。
白点の指標にもなるでしょう。チェルに白点付くなら末期。水槽全体が末期。
肌荒れ、鬱血、ハダ虫、エラ虫もあまり印象なし。この辺は個体かも。栄養塩にも寛大。

臆病です。捕獲は私は網派。プラケはクチバシダメになりそう。

まとめ
とにかく給餌、ストレスフリー!単独飼育!
全てのチェルモンに幸あれ!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村


チョウチョウウオ | コメント:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。